赤ちゃん用の洗濯洗剤とお洗濯のコツがまるわかり!

洗剤の選び方

赤ちゃんの肌は、大人の皮膚よりも薄く、わずかな刺激でも肌のトラブルを起こしやすいため、肌着やベビー服を洗濯する洗剤も、気をつけて選ばなければなりません。

界面活性剤が肌に与える影響とは

一般的な洗濯洗剤の多くには、「界面活性剤」が配合されています。界面活性剤は、たとえば水と油のように、混じり合わないふたつの物質の表面に働きかけて、その性質を変える両者を混じり合わせるようにする物質です。また、合成界面活性剤は、化学的につくられた界面活性剤をいいます。

界面活性剤には、繊維の中に水を浸透させる浸透作用や水になじまない物質を水中に散らばらせる分散作用、水と油を混ぜ合わせる乳化作用などがあり、界面活性剤が、繊維や油に吸着して繊維と汚れの間に入り込み、繊維から汚れを引き剥がして落とす洗浄作用へとつながっていくのです。

高い洗浄力を持つ界面活性剤ですが、一方で、人間の肌への影響も問題視されています。

界面活性剤は、タンパク質を溶かす性質があるため、皮膚を保護している皮脂膜をも溶かしてしまうおそれがあります。そのため、皮膚は水分を保つことができず、肌荒れや肌トラブルにもつながっていきます。

また、界面活性剤は、一度、肌に触れると浸透しやすく、体内に残留しやすいため、肌のバリアゾーンを破壊してしまい、外部からの異物の侵入を防ぐことができずに皮膚を傷めてしまうともいわれています。

界面活性剤によって皮膚の細胞分裂が妨げられ、皮膚の新陳代謝が悪くなり、慢性的な肌荒れ状態になることもあるのです。

界面活性剤は体内にとどまる性質があり、人間の体では分解できないため、少しずつ蓄積され、肝臓などの臓器に影響を及ぼしたり、発がん性も懸念されています。

蛍光剤など配合成分をチェック

一般的な洗濯洗剤に含まれている添加物には、「蛍光増白剤」もあります。これは、白い衣類をより白く見せるための物質です。といっても、汚れを無色にするのではなく、黄色みを打ち消して「白く見せている」だけなので、衣類の色を変色させてしまうこともあります。

この蛍光増白剤は、人によっては、皮膚への刺激やアレルギー反応を起こすことがあるので、乳幼児用の製品に使用することは控えるようにといわれています。

大人よりも刺激を受けやすい赤ちゃんの肌を守るためにも、配合されている成分をしっかりチェックして、お肌にやさしい洗剤を選ぶようにしましょう。

赤ちゃんに1番やさしい洗濯洗剤は?BEST5発表!

 
新米ママのための赤ちゃん安心お洗濯ガイド