赤ちゃん用の洗濯洗剤とお洗濯のコツがまるわかり!

赤ちゃん衣類 お洗濯のいろは

ここでは、赤ちゃんの衣類のお洗濯の方法やコツなどをご紹介しています。

とってもデリケートな赤ちゃんの肌。皮膚の薄さも、大人の約3分の1ほどといわれていますから、どれだけ刺激を受けやすいかがわかるかと思います。

そんな赤ちゃんのために、肌着の素材などにこだわっている方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、洗濯用の洗剤はいかがでしょうか。

一般的な洗濯洗剤のほとんどに、「界面活性剤」や「蛍光増白剤」といった成分が配合されています。汚れを落としたり、白い衣類をより白く見せるための成分ですが、衣類に残った成分がお肌に与える影響も気になります。

刺激に敏感な赤ちゃんのためにも、赤ちゃんの衣類を洗濯するには、こうした成分が入っていない洗剤を選ぶことをおすすめします。

うんちや母乳、ミルクなど、赤ちゃんの衣類は独特の汚れがつきます。

そのまま洗濯してもなかなか落ちないものですが、お洗濯の前に、しみ抜き用の石けんで部分洗いをしたり、重曹を溶かしたぬるま湯などにつけたり、ちょっと手を加えるだけで、汚れをしっかり落とすことできます。

洗濯後は、外干しをすることで、日光消毒ができ、菌の繁殖を抑えたり、においを防ぐという効果があります。

せっかく赤ちゃん用の洗剤で洗っても、一般の洗剤で洗濯した大人用の衣類と一緒にしまっておいたのでは、意味がありません。赤ちゃん用の衣類は、大人物とは分けて収納するようにしましょう。

 
新米ママのための赤ちゃん安心お洗濯ガイド